コスト抑えたい方必見!フライヤー印刷で安く早く印刷をしよう!

用紙の種類を知る

色見本

フライヤーの用紙って?

フライヤー印刷するうえで、大切なのが用紙の選び方です。定番の用紙は、コート紙やマット紙などが定番です。コート紙とは光沢紙とも言われ、触り心地の良いつるつるとした用紙のことです。写真を入れたい、色彩豊かにしたいと言った場合はコート紙をおすすめします。雑誌やチラシなどをイメージするとわかりやすいかと思います。マット紙とは、その名の通りツヤ感のないマットな触り心地の用紙のことです。電気の明かりで反射して文字が読みづらいということがありませんから、会社内のパンフレットなどに最適です。落ち着いた印象を抱かせることができるので、名刺などにも使われています。他にも上質紙という普通紙があります。この用紙は、少しザラッとした触り心地でコピー紙やアンケート用紙などに使われることが多いです。価格はコート紙、マット紙、上質紙の順に高くなっていきます。

紙の厚さも大切

紙の厚さなども、フライヤー印刷を行う上で知っておく必要があります。フライヤー印刷業者で注文する際によく「コート紙70kg」や「マット90kg」などの文字を見たことはありませんか?初めてフライヤー印刷を依頼する方はよくわからないかと思います。コートやマットは用紙の種類です。70kgや90kgというのは、紙の厚さのことです。70kg、90kg、110kgに行くに連れ紙の厚みが増していきます。70kgは新聞に織り込まれているチラシくらいの薄い紙です。ポスティングするのにおすすめです。手配りで渡すのは90kgがおすすめです。イベントフライヤーなどによく使われるのでフライヤー印刷にはこちらがいいでしょう。

Copyright© 2019 コスト抑えたい方必見!フライヤー印刷で安く早く印刷をしよう! All Rights Reserved.