コスト抑えたい方必見!フライヤー印刷で安く早く印刷をしよう!

フライヤーとチラシの違い

写真

顧客にサービスを広告する方法は様々なものがありますが、その中でも紙媒体のものとして、フライヤー、チラシ、ビラがあります。これらは似ているようで微妙に違います。この3つの違いを比較していきます。まず、フライヤーです。フライヤーは、店舗等の中で置かれている広告で、客が自ら手に取る広告を意味することが多いです。厳密なチラシとの違いはありませんが、起源が違います。戦時中に飛行機から広告物を配っていたことから、飛行するという意味のフライヤーと呼ぶようになったのです。当時はお菓子の引換券がついていたので、沢山の人たちが集めていましたが、事故が増えたため、飛行機での配布はなくなりました。しかし、その当時の名前だけが残り、今でもフライヤーと呼ばれています。チラシよりもデザインが重視され高級感がある印象です。次にチラシです。チラシは新聞折り込みなど、業者を使って広く配布するという広告物を意味していることが多いです。主に安い商品の紹介や新規開店の店を紹介することが一般的です。起源は三越が江戸時代に配布したのが最初だと言われています。最後にビラですが、まちなかなどで、人が直接人の手に渡すものがビラと呼ばれます。また、配るものだけでなく、街に貼っている広告物もビラと呼ばれます。しかし、チラシと明確な違いがあるわけではないので、使い方はチラシと同じでも構いません。この中でも、自分から手に取る必要があるフライヤーはひと目でどんなものか分かりやすいということが重要です。フライヤー印刷もチラシ印刷もビラ印刷も同じ業者でできることが多いので、しっかり検討してみましょう。

Copyright© 2019 コスト抑えたい方必見!フライヤー印刷で安く早く印刷をしよう! All Rights Reserved.