コスト抑えたい方必見!フライヤー印刷で安く早く印刷をしよう!

フライヤーのデザイン

印刷物

フライヤー印刷のデザインをどうするかはかなり悩みどころではないでしょうか?せっかく作っても反響がなかったら、無駄になってしまうのがフライヤーの悲しいところ。ではどのようなことに気をつけたら、良いフライヤーと言えるのでしょうか。まず、ありがちな失敗例を紹介します。大きなキャッチコピーで「誰でもおすすめ」等ターゲットが絞られていない場合です。誰でもおすすめというと、色々な人の目に止まりやすいと考えるかもしれません。しかし、実際フライヤーを取る消費者は誰でも当てはまることではなく「これは自分のことだ」と感じることに目が行くことがわかっています。うまくフライヤーを自分ごとにしてもらう必要があるのです。ですから、しっかりターゲットを設定して、フライヤーを作りましょう。その商品の一番のメリットが必要な消費者をターゲットにしましょう。例えば、「女性におすすめ」なら女性は手に取りやすくなりますし、「30代女性にも」とつければ限定される分、自分事になる確率は上がります。その商品の一番の消費者をイメージしながらフライヤーを作ると、反応率がぐっと上がりますよ。2つ目のコツとして、キャッチコピーです。キャッチコピーもターゲットと同じく、自分事にしてもらうことが必要になります。よくある手法としては呼びかけるという方法です。「〇〇の人のために」「〇〇の皆さん!」など、自分事になるような呼びかけを考えてみましょう。また、声に出してみて、リズムが良いというのも重要ポイントですよ。このようなコツを抑えて、フライヤー印刷を効果的にしていきましょう。

Copyright© 2019 コスト抑えたい方必見!フライヤー印刷で安く早く印刷をしよう! All Rights Reserved.