コスト抑えたい方必見!フライヤー印刷で安く早く印刷をしよう!

印刷物

支払い方法は?

業作hにフライヤー印刷を依頼する際に、支払い方法を選択しなければいけません。なので、あなたが支払いやすい方法を明確にして依頼の際にスムーズに行うことができるようにしましょう。では、どんな支払い方法があるのかを説明していきたいと思います。

詳しく見る

色見本

用紙の種類を知る

フライヤー印刷の依頼をする際に知って置かなければいけないのが、用紙の種類と厚さです。用紙の種類で料金が変わってきますし、厚さで紙の強度も変わってきますから用途に合わせて用紙の種類や厚みを選ぶことが大切です。

詳しく見る

写真

フライヤーとチラシの違い

フライヤーに似たものとしてチラシやビラがあります。フライヤー印刷をする際にはチラシやビラとの違いを知っておきましょう。厳密な違いは定義されていませんが、フライヤーは消費者が自ら手に取るタイプの広告物です。

詳しく見る

印刷物

フライヤーのデザイン

フライヤー印刷をする際に悩むのがデザインですよね。フライヤーを作る時に重要なのが、ターゲットを絞ることです。ターゲットが決まっていないと消費者は自分事だと感じず、消費につながらないのです。

詳しく見る

写真

フライヤーの画像の選び方

フライヤーの画像を選ぶ時に重要なのが、写真を何枚かに限定することです。沢山写真を載せすぎてしまうと、強調することができなくなります。一番見てほしい写真にしましょう。

詳しく見る

フライヤー印刷サービス

印刷物

フライヤー印刷のサービスについて

フライヤー印刷サービスをご存知ですか?「フライヤー作って配りたいけど大量に印刷するのは費用が気になる」という方もいますよね。自宅のプリンターでもフライヤー印刷はできますが、インクもすぐ消費しますし高くなります。自宅でプリントアウトするのは簡単ですぐできますが、印刷業者に依頼してコストを下げてフライヤーい印刷する方がコストを抑えることができます。印刷業者は業務用の印刷機を使って印刷するので早く綺麗に仕上がります。依頼した日から当日発送もしてくれるので急ぎの方でも利用しやすいですよね。用紙のサイズや枚数も指定することができますし、インターネットから簡単に注文もできます。

加工の種類

フライヤー印刷する際に、用紙に加工することができます。なので、あなたの用途に合わせて加工の種類を選ぶことをおすすめしまます。加工の種類はいくつもあります。用紙の折りたたみやミシン目を入れることができるジャンピングミシン目などさまざまな加工ができます。折りたたみは2つ折りやZ折り、十字折りや両端折りなど何種類もの折り方の種類があるので、あなたが使いやすい折り方を依頼しましょう。郵便ポストに入れる場合や配布する時の状況を想定するといいでしょう。ジャンピングミシン目は紙に直接ミシン目を入れることで切り取ることができます。フライヤーと半券チケットなどを一緒にしたい場合は、こちらの加工がのフライヤー印刷が便利ですよ。

Copyright© 2019 コスト抑えたい方必見!フライヤー印刷で安く早く印刷をしよう! All Rights Reserved.